わぶろぐ。

ミュージカルとか舞台が好きです。普段はTwitterに生息中。

リンカーンセンターの舞台専門の図書館に行ってみた。

先日のブロードウェイ遠征のときに久しぶりに

New York Public Library for the Performing Artsに行きました。

 

f:id:mtms1031:20190315104253j:image

ブログを書く予定ではあったものの、気づいたらぜんぜん写真撮ってないことに気づきました。というか図書館で撮っていいものなのか若干迷うよね。

  

図書館の中には本以外にもブレイクができるカフェ、特別展示などが行われています。

基本的に誰でも入れるので、特に目的がなく、ふら~っとタイプな人は図書カードは作らなくていいと思います。

 

今回わたしが行ったのは過去のブロードウェイ作品が見れる視聴室。

Theatre on Film and Tape Archive

 

日本ではミュージカルは見られないことがほとんどなのですが、ストプレや歌舞伎などは

都内近郊では、

国立劇場 

https://www.ntj.jac.go.jp/tradition.html

新国立劇場

https://www.nntt.jac.go.jp/centre/library/use/

さいたま芸術劇場

https://www.saf.or.jp/arthall/facilities/sa_inforoom/

早稲田大学演劇博物館

https://www.waseda.jp/enpaku/

視聴室はないけれど

横浜の演劇資料室

http://www.pref.kanagawa.jp/docs/yi4/cnt/f531434/

松竹大谷図書館などもオススメです。

https://www.shochiku.co.jp/shochiku-otani-toshokan/

 

 

・図書カードの登録

視聴室を利用するにはまず図書カードの登録が必要です。

米国外から来た旅行者用の申請ページがあります。必要事項を入力すると、コードが発行されるので、メモするかそのページ自体をプリントして持っていくのがいいと思います。コードは3ヶ月間有効です。

ニューヨーク在住の方と比べると貸し出しができないなどの制限もありますが、基本的には問題ないです。

 

・観たい作品を決める

 次に何を見たいのか見れるのかあらかじめ検索をかけておきます。

もしもダメと言われたときのために2、3作品ピックアップしていたほうがいいです。

ちなみに現在ブロードウェイで公演中のものは見られません。

 

・現地に着いたら

 現地に着きましたら、荷物検査をし、1階の受付で図書カードを発行してもらいます。

その際に↑のあらかじめ申請したコードを提出します。

住所を示せる公的なものを提出してほしいと言われますが、よくよく考えてみればパスポートは住所関係ないし…海外に対応するものってないじゃん。

でも、ないって言ったら発行自体はOKらしく、3日間有効のカードを発行してくれました。

 

・視聴室のある3階へ

 エレベーターを降りると右側にクロークがありますので、貴重品以外はそちらに預けてください。ケータイは持ち込みOKでした。ペットボトルも特に何も言われずでした。

 

・ブースは右奥

 受付の方に観たい作品を申請します。心配な方はリストを書いた紙をそのまま見せましょう。

 その後、必要事項を記入する紙を配られます。

  

 ・いざ!視聴!

「○番のテレビね~」って言われますので、そこの席に座っていると再生画面が映ります。横のコントロールパネルで自分で再生したり、止めたり、巻き戻したり。

1幕が終わって2幕のディスクにしてもらいたい場合にもそのパネルを使って、チェンジおなしゃす!とお願いできます。見終ったよ!というのも画面を通して伝えて終了です。

 

 

流れとしてはこんな感じです。

 

ちなみにここの視聴室以前は、学生さんや舞台関係者向けに開放されていた場所でもあります。でも最近は緩くなったのか、比較的誰でも入れるようになりました。

受付の方に視聴理由を(もはや雑談混じりに)聞かれますが「日本から来たのだけど、日本でこの作品観たん。だからこっちのも見たくて〜」と言ったらおっけーでした。

 

帰りに1階の展示室を覗いてきました。わたしが行ったときはアメリカで上演した舞踊に関する展示会。ミュージカルはウェストサイドストーリーやオンザタウンなど。

 

廊下に居たオードリーⅡ

どうしても和田アキ子ボイスで再生されるw

f:id:mtms1031:20190315112025j:image

 

さすがリンカーンセンター内の図書館というだけあって、まわりはオタクだらけ、司書さんや係員さんも知識豊富且つとても優しかったです。アジア人は特に若く見られるので、視聴室の受付のおじちゃんは退室する際「ばいばーい」って手を振ってくれました(笑)

時間があまりなくて長居できなかったので、やっぱりここは1日中居たいところだなぁと。また次回行く機会があれば写真…増やしときます…(笑)