わぶろぐ。

ミュージカルとか舞台が好きです。普段はTwitterに生息中。

今年も列に入ってみた。

2015年のレミの特徴についてちょこっと書いていきます。

f:id:mtms1031:20150524203701j:plain

 

 

  • キャスト続投という安定感

前回の新演出公演からほとんどのキャストが続投です。

これ過去のレミゼと比べてもなかなかないですよね。そしてとても面白いです。メンバーが大して変わらないので凄まじいほどの「安定感」前回よりもより深く、細かく、丁寧に作り上げているキャストが多いです。

(鎌田さんかなり歌が上手くなっているので、ジャベールぜひ観て!比べてみてください!)

 

  • 新キャストがまた素晴らしい

そこに投入された、数少ない新キャスト

プリンシパルで言うと…ジュンモさん、岸さん、海宝くん、清水さん、上山くんの5名

 

ジュンモさんは「日本人」には作り出せない雰囲気をバンバンに出してくれてとても日本のレミゼを観ているとは思えません。他バルジャン2名も驚かされていると公言していますが、客としても「こんな表現方法あったんだ」と本当に驚かされています。

たとえば…「○○さんのバルジャンはこうだったけれど…」とレミオタがよくやりたがる歴代のキャストとの比較!もともとあれは大嫌いなのですが(笑)特にジュンモさんにやるのはおかしいんじゃないか?と思うくらい、全然違います。

 

日本人は宗教や神に関わりを持たずに生きていることが多いので、物語の中に出てくる「神」「主」という言葉自体にはあまり響かないんですよね。

一方で、ジュンモさんはクリスチャンなので「神」がどういったモノなのか想像しやすいですし、説得力があります。そして、BHHは特に見応え・聴き応えがあります。

日本人のBHHは「一方的な訴え・お願い」ですが、ジュンモさんのBHHは「神としっかり対話」しています。もうね、神様から「うぃーっす。じゃあこのマリウスだけ助けるねー」っていう声が聞こえてきます。

 

岸ジャベールは、本当に泥臭いです。男臭がものすごくて(笑)

特に、吉原バルジャンとのペアはTwitterで何回も言っていますが、ただの泥試合です。コレがまた最高です。新演出でやりたかったことってこういうことなんじゃないかなと思ったくらい…ただの泥です(笑)

そして、自殺のシーンでは「芋ようかん食べて巨大化」しないか心配で。嘘です。カーレンジャーが好きなだけです(わからない人は見てね)

 

海宝マリウスは、キャスト発表時に

キタ――――――――!!!!!!!って思いました。ようやくかと。ようやくプリン昇格かと。新キャストで一番楽しみだったのは彼でした。とても新キャストとは思えないほど…もう職人芸ですね。素晴らしいです。誰よりも安定しており、安心して観ていられます。

 

清水コゼットは、別枠で語っていますので(笑)コチラを読んでください。

 

mtms1031.hatenablog.com

 

上山アンジョは、忘れもしませんね。あの製作発表の日(笑)いきなり彼の名前と宣材写真がスクリーンにドン!と現れ、予期せぬ発表が。たぶん東宝界隈のミューオタにはあまり知られていなかったのかな?とあの時は思ったのですが、一人で「ファァァァァアアアアアア!!!!!!!!!」と叫びかけました。いや、たぶん叫んでいたと(笑)

で、ちゃっかりお写真撮ってもらいました(笑)

f:id:mtms1031:20150524191917j:image

キラキラ輝いてるもんだから(きっと他の出演者があれだから)まわりの方も撮ってもらっていまして。まぁ今やイケメンからエロメンになっちゃったけれど(笑)

あとすごいどうでもいいけれど、この時10年振りくらいにみつおさんと写真撮ってもらった(笑)

f:id:mtms1031:20150524191949j:image

 (話を戻しまして)

上山アンジョは好きですねー。今回の3アンジョの中で個人的には一番好きです。

今まではアンジョに対してカリスマ性を求めていたところが自分の中であったけれど、新演出になってから意図的に「子供の遊び」感覚が増したと思う。上山アンジョはいい意味でそれを表現している。

それと彼は「周りに気配りができるアンジョルラス」です。色々なところで仲間を気遣い、何より学生の役名を頻繁に呼んでいる(叫んでいる)のも素敵です。

学生アンサンブルってね…埋もれるんですよ(笑)オタクでも見分けつかない人たくさんいるみたいですし。だから、舞台の流れとしてもそうですが、きっと呼んでくれるその時に(だけ)主役になれるアンサンブルの皆さん結構貴重です。

レミに関しては長い歴史とそれぞれの強いこだわりがあるので、オタクが満場一致で一人の役者に対して「素晴らしい!」と声をあげることは絶対にないので色々な意見があると思いますが(だから、たとえ好きなキャストが批判されていてもみんな泣かないでね!w)私は好きです。3人のリーダーの中で一番好きですよ!!!!

かっこいいし、運動神経良いの観ててわかるし、リアカーの死体の反り方素晴らしいし…

 

  • 勘弁キャストが一人もいない

これだけ出演者がいて勘弁さんがいないのは本当に珍しいです。いやもちろん好き嫌いはありますし、正直一人だけ怪しい人は感じるんですけども(爆)ですが、素晴らしかった!って言ってた人をTwitterで見かけたのでそこはツッコまないようにしますw

ただひとつだけ言えることは…毎回完成度が高いです!今まで観てきたレミの中でもかなり上位(もしかしたら1位かも)と思うくらい。

 

  • 演出の変更点

本当にスピード速くなりましたよね。「飽きさせない」という利点もありますが「話がわからない」という初見さんの意見も聞きました。

が…

レミゼのストーリーくらいは知ってろよ!!ww」というキャメロンの声がわたしには聞こえます

一番興奮した変更点は

下水道でジャベールが銃を持ってきた

です。これはブロードウェイの新演出を観たときにとても興奮したんですよ。おバカジャベが成長した!!(ウルウル)とw

それと同時に人を殺せる道具を持っているのにもかかわらず使うことができなかったジャベール…という新しい解釈もできてわたしはこの変更は大好きです。

 

 

さて。ココから今回の問題点について書いていきます。

 

  • 照明

暗いんです。いやマジで暗いんです。前回もかなり暗かったのですが、今回はもっと暗いです。コレはね、まぁ意図があってやってるのはわかってるんですが…ほんとに暗いんです!www

見えないんですよ。表情が。いや、マジで!w

特に一幕はまだ目が暗さに慣れていないので余計に見えません。二幕から猫の目対応になるのでwまだ大丈夫なのですが。

今回何回か追加したので、2階でも観ましたが…暗いからまぁー見えない(笑)

前方の席でもいい感じに影になっちゃう部分もあったりして、まぁー見えない(笑)

よくTwitterでも「こういう表情してた」って詳しく書いてある人がいるのですが、どうやって見えているのかわたしにはサッパリわかりません(オペラグラス使用の人もいると思いますが)

みんなどうやって見てるの?教えてください。

 

  • 音響

わたしは耳が良いわけでもないので、音について偉そうに語れるクチではありませんが、5月20日のソワレ公演で怪奇現象が起きたので(笑)これについて書きますね。

 

その日は最前列での鑑賞で上山アンジョだったのですが、全然聞こえないんですよ。音をはずしているわけでもなく、声が掠れているわけでもなく。歌声が耳に届かない。他のキャストは聞こえるのに。

だから「あーこれは調子悪いのか?」と思ったのです。ですが、別の席から鑑賞していた方何人かに「すごく声出ていましたけど?」と私とは真逆の意見をもらい(笑)「じゃー、わたしの耳が悪いのか?」と思ったら「うーん、出てなかったですね」という声もあり(笑)なんなんだこれは…とちょっとした怪奇現象。

 

これって上山くんの声質がマイクに合わないのか、そもそもスピーカーから出てくる音に何らかの原因があるのか。帝劇だけの現象なのか…。

ちなみに声が聞こえない現象を体験したのはオタク経験の中でもその回だけです。 

解析してくれる方募集中(笑)

 

というわけで…

 

今回の平野レミ(ただ言いたかっただけ)は、数少ない新キャストと続投キャストによって良い相乗効果が生まれていると思います。

見応え十分です。

「日本人は海外の人に比べて歌がヘタクソだから」という理由だけで日本のレミを観なかったり

「どうせ韓国人でしょ。日本人が良い」という理由だけでジュンモさんを観なかったりするのはとにかく勿体無いです。

 文句を言うならば劇場に行って体験からにして欲しいですよね。←ちなみにコレ、最近の私のモットーです。

「文句を言うならチケットを定価で買ってから!観てから!観ないならばスルー!」

いちいちイチャモンつけるBBAにだけはなりたくないですね。

 

帝劇公演はもう終わりですが、地方公演がこれから始まりますので…お時間とお金に余裕がある方はぜひぜひ!

東京から静岡なんて遠征とは言えないほど近いですよね。うふふ~♪