わぶろぐ。

ミュージカルとか舞台が好きです。普段はTwitterに生息中。

ディズニーミュージカル「ノートルダムの鐘」のCDがいよいよ発売!

ディズニーミュージカル「ノートルダムの鐘」のCDが11月20日に発売されます!

追記

※の予定でしたが、来年2016年に発売が延期となりました。(なんでやー!くそう!)

 f:id:mtms1031:20150929171846j:image

 

そして、そのレコーディングが行われたようです。

 

instagram.com

 

もともとドイツのベルリンで行われた作品をブラッシュアップして、

去年の10月28日~12月7日にLa Jolla Playhouseと

今年の3月4日~4月5日にPaper Mill Playhouseで行われたバージョンのCDになります。

 

一部でとても人気が高く、change.orgというデジタル署名サイトにて「ブロードウェイ進出を!」という署名活動の呼びかけもありました。

まぁ、結局ブロードウェイ進出ならず…だったのですが、その声が届いた(…のかな?)ようでCDが発売されることとなりました。

また、権利関係も色々動いているようで、もしかしたら米国以外でも上演できる日が来るかもしませんね!

 

私は3月にペーパーミルで観劇しまして。まぁそれはそれは大興奮でした。

ameblo.jp

今まで好きなディズニーミュージカルには有無を言わずに「メリーポピンズ」をあげていたのですが、このノートルダムの鐘が堂々のトップになったことをココにお知らせ致します。。。

 

ソコで…

このCDを聴くにあたっておさえておきたいこの作品のポイント

(あーあーあーあーあーあーあーあーあーあーあーあーーーーーーーー♪♪♪♪)

 

ディズニーミュージカルと言いながらも、原作寄りな部分があります。

・フロローは判事ではなく、司祭としての登場

・フロローの弟、Jehanが冒頭で登場

こちらのJehanがポイントとなっていて、ココは原作にもディズニー映画でもなかったストーリーになっています。ので、CDにもフロローとJehanの台詞でのやりとりが入っているといいなー。

・クロパンはそれほど重要でもないよっ!

ガーゴイルがたくさん登場だよっ!

結末が明るくないよっ!真っ暗だよ!

 

 

今回のCDに注目したいポイント

 

私が以前観劇したときにも書きましたが、25名の出演者と「32人のコーラス隊」がまた凄いんです。演じるキャスト以外に舞台の後ろにコーラス隊がいて…コレがまた贅沢な使い方!1曲1曲に厚みと迫力を持たせてくれます。今回のCDにももちろん参加するみたいので、ぜひ音の良いヘッドホンで聴いてみたいと思います。

2幕の最初、俗に言う「アントラクト」の代わりでこのコーラス隊だけで一曲歌います。(CDにも収録されるかな?)ココだけで、あれ?わたしコンサートにでも来たのか?と錯覚するくらい。

 

カジモド役のマイケル・アーデンの素晴らしい歌声

f:id:mtms1031:20150929171940j:image

このノートルダムは素敵な要素がたくさんありますが、なんと言ってもマイケルの美声!でしょう!

「Out There(僕の願い)」はミュージカル好きには非常に支持が高い曲なので、色々なところで聴いてきましたが、マイケルカジは本当に凄いです。

伸びやかで爽やかな声に純粋な心を持ったマイケルカジモドは、曲の前半は自分の人生や容姿を悲観的に歌いますが、後半になるにつれて「外に出たい!」というワクワク感をとてもよく表現しています。実際に生で聴いてボロボロ泣きました。

 

もう1曲はミュージカルオリジナルの「Made of Stone」

ベルリンバージョンのときに作られた曲です。

2幕終盤、会場の緊張感が高まったときにカジモドが歌う曲で、ココでもマイケルの美声が光ります!そして、まったくブレない…ロングトーーーーン!

重い曲ではありますが、この曲を聴いたときから本当に好きなので、CDが届いたらリピート決定ソングです!

 

その他にもオススメポイントはたくさんあるのですが…(ヘルファイアーとか…ヘルファイアーとか…)

実際に観た舞台を音楽だけ聴いたときにどういった感想を持つのか…とりあえず今はワクワクしかありません!気になった方はぜひ聴いてみてくださいなっ!