読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わぶろぐ。

ミュージカルとか舞台が好きです。普段はTwitterに生息中。

ミュージカルオタクがワンピース歌舞伎を観に行ったら、まんまと猿之助さんの罠にハマった話

結論から言うよ。

舞台芸術として最高峰でしたのよ。

※大阪は3月、博多は4月

f:id:mtms1031:20151104214900j:image

私と歌舞伎は縁のない話

私と漫画アニメはもっと縁のない話

だけども…コレも何かの猿之助!!!

 

 

小さい頃から舞台(主にミュージカル)が好きだった私は、夏休みに国立劇場で行われた「親子歌舞伎教室」的なモノを観に行った。

それが私と歌舞伎との出会い。

とても優しそうで人のよさそうな人が歌舞伎のレクチャーをしてくれた。

その後、「では今教えた部分を実際に歌舞伎役者が演じてみますね!」と初めて白塗りの俳優を生で観た。ワクワクしながら観た。

 

 

!?!?!?!?!?

 

何語?

 

撃沈

 

「何言ってるかわからないけど、なんかすごい!」となれば良かったのかもしれないけれど、私はそうならなかった。「理解できない=苦しい・難しい」という方向に働いてしまい、挫折。ココで劇場に歌舞伎を観に行くという行為は終演を迎えました。

それからは、テレビでやってるのをなんとなーく見るだけ。役者さんも有名な方ならばお名前と顔は知っている程度に。コクーン歌舞伎とか現代的な歌舞伎を観に行きたいなぁと思いつつも結局行かない日々。

 

漫画やアニメも幼い頃はそれなりに嗜んできたが、オトナになるにつれてまったく読まず見ず。ワンピースは初期の頃は理解できる。ロビンが仲間になったあたりまで。そういえば、ゴーイングメリー号壊れたんだっけ~?ガイコツと水色の髪の毛の人は何者!?のレベル。

 

当初、ワンピースを歌舞伎で表現するとワイドショーで放送されたときに、非常に面白い試みだなと感じた。ううう。観たいかも。。。そんな思いがフツフツと。

 

開幕して、舞台写真が上がり…あぁ、やっぱり観たいかも。Twitterで感想が上がり…普段歌舞伎観に行ってない人も行ってる~。なんか絶賛の嵐だ~…ヨシッ!行こう!!ポチっとな。

 

数日後、ドーーーーーン!!!

f:id:mtms1031:20151102171105j:image 

これだけオタクやっていると「初めて入る劇場」というのがとっても新鮮で。ワクワクワクワク。あ!お弁当買わなきゃっ!!

20分くらい前から着席。お隣のオバサマが座った瞬間に「あら、真ん中で観やすいわねぇ~」と声を掛けてくれてからのずっとお喋り。

「歌舞伎はよく来るの?」「いや、ほとんど初めてです。って、本当に劇場の中でお弁当食べてもいいんですか!?」「うん。いいのよ。それも歌舞伎の醍醐味だからね。でも、私はココで買うと高いから家の近くで買ってきちゃうんだけどね。あははーw」と軽快なトークw

そもそも劇場内で飲食ということが初体験。

f:id:mtms1031:20151102171200j:image

帝国劇場とかシアタークリエは上演中以外は食べてもいいのですが、団体さんくらいしか弁当食べてる人がいないですよねぇ。軽食もロビーで食べてる人がほとんど。

てな感じで、劇場の中で弁当を食べるという行為に若干の罪悪感を感じましたwwwコレも慣れですなっ!!!

ていうか、開演前・幕間に写真撮っていいのか!なんか海外の劇場みたいで面白いー!

 

さて、大したことは書いてないけれど、本編の話にいきます。

歌舞伎も知らない、ワンピースも知らない…な私は「ひとつのショー」として観劇しました。

 

ナニコレぇぇぇええええ!!!めっちゃ楽しいんだけどぉぉぉぉおおおおお!!!

 

そういえば、私ブロードウェイ作品でも無類の「スパイダーマン」好きだったんです。スパイダーマンは開幕前も公演中も事件や事故が耐えなく、批評家の評判もあまり良くないちょっとした問題作だったのですがwww劇場で観た瞬間に果てしなく興奮したあの感じを彷彿とさせました!

スパイダーマン ダイジェスト

Highlights From "Spider-Man Turn Off the Dark" - YouTube

ミュージカル?なのか、エンターテイメント?なのか、よくわからないけれど…もう何でもいい!めっちゃ楽しい!っていう興奮。スパイダーマンも「これはミュージカルじゃない!」って言ってる方もいて。そういうところワンピースと似てる気がした。

 

1幕は、わー!ワンピースのキャラクターだ!わー!見得ー!早替えー!かっこいいー!春猿さんエロイ!!!!…で終わった(笑)

この高揚加減は、ヒーローショーに似たような感覚。そういえば、私戦隊モノも好きなんだったわ。

そうか、スパイダーマン≒ワンピース歌舞伎≒ヒーローショーか。理解したぞ!!!

 

幕間に弁当モグモグ。その時にようやく気づいた。(遅いケド)

 

現代語じゃないか。

 

言葉の意味がわかるぞ。

 

初めて歌舞伎を観たときに感じた「言葉のコンプレックス」がない。

 

わー!ありがてぇー!(弁当美味いよモグモグ)

 

2幕

こっから話の中身がわからなくなるかも~と思いつつ…インペル…?ん?あ、わからない…けど、ボンちゃん!

ボンクレーなら初期の頃に出てきたからわかるぞ!

ていうか、ボンちゃんが似すぎている!格好や風貌ももちろんなんだけど、動きとか声の出し方とか記憶の片隅にあったあのボンちゃんとそっくりだ!

オカマと男らしさの使い分けがとんでもなく上手すぎる。

ろっぽぉぉおお!!のときに後ろから

\ 大和屋 /

私歌舞伎観にきてるよー!!とワクワクした。オカマに大向こうだぁーー!!!!www

 

ていうか、水やべーーーーーー!!!!滝修行!!!ひぃいいい!首痛いだろう!

あの水の状態で目を開けられるとか歌舞伎役者は一体何者なんだ!?

 

以前、山本耕史さん主演のヴォイツェクで舞台に池を作ったときも興奮したし、アダム・クーパー主演の雨に唄えばのときも雨水に興奮したが、そんなもんじゃなかった。

滝だし!滝!!!美術さんすごいなぁ。その後の、あのセットと床の水を撤収させる現場スタッフさんもすごい。役者さんなんかは体力の消耗もすごいだろう…。

 

と思っていたら…歌舞伎なのにキャッツ劇場と化した!!!w

冷静に考えてみれば、網タイツを履いた白塗りオッサンがお客さんと騒いでいるのはとても奇妙であるが、これも猿之助マジックというべきなのだろうか。自分の上を飛ぶ、猿之助さんにワーーッ!と手を振る。歌舞伎で手を振るという行為自体、これからほとんどないんだろうなぁ。

そのうちに…劇場がディスコふぃ〜ば〜☆になった!なんだこれ!?歌舞伎!?いや、ミュージカルでもこんなことそうそう無いぞ!!

通路側のお客さんズルイわ!私もオカマと握手とかハイタッチしたいわ!!(思考が変な方向に)

 

羨ましがっていたら、自分の目から涙がポロポロ…

なんでオカマ軍団の目の前で泣かなきゃいけんのだ!!と思いつつも止まらない涙。

劇場内が幸せオーラに包まれ、演者も客も関係無しに楽しんでいる状況、そしてココにいることができた感謝の気持ちと、これがエンターテイメントなのか!と見せ付けられた衝撃に涙が止まらない。生きててよかったと思いました。

まぁ、今年は幸せすぎて、そんなことを5回くらい思ってるけれど。(無駄遣い)

 

浅野さん…

ひーーーーーはーーーー!!!!

 

再び幕間。たまらずパンフレット。あ!歌舞伎だと、筋書か!(ドヤァ)を購入。

 

ボンちゃん…ボンちゃん…ボンちゃん…誰がやってたんだろう…

 

ゾロと同じ人だなんて

「ジョ───ダンじゃな───いわよ───う!」

f:id:mtms1031:20151103133144j:image 

巳之助さんはどんなキッカケだか忘れたけれど、お顔と名前は知っている方だったので(清須会議だっけなー)みのすけヤベー!みのすけヤベー!と心の中で思いながらトイレっ(^ω^)トイレっ(^ω^)

 

歌舞伎関係なく、一人の舞台役者さんとして、ココまで変幻自在!な役者さんって今までの観劇人生の中で観た事がない。ミュージカルの本場のブロードウェイでも観たことがない。(決して、ブロードウェイ役者が世界一だなんて思ってないけど)

役が憑依しているとはこのことだろうか…。すみません、人間国宝指定でお願いします。とトイレの中で考えてた(はう、すっきり)

 

3幕

さっきのボンちゃんがピンクのハゲになってるぅぅううう。みのすけヤb…ry

 

からの…マジでスパイダーマン登場したーーーッッ!!!びゅーーー!!堂本光一ッッ!!…紙ふぶきの量wwwwww

 

エースたんハァハァ…福士たんハァハァ…

歌舞伎役者じゃない人が歌舞伎のポーズをしている。

コレなんか衝撃的だった。

歌舞伎って選ばれた人しかできないイメージがあるから、非歌舞伎役者がそういうことをするのはご法度みたいなモノだと勝手に思っていた。

猿之助さんと福士さんの見得の切り方は素人目でもわかるくらいに段違い。いや、でも悪い意味はないんです。むしろ、同じレベルなんてありえないから。でも、福士さんの見得もとってもかっこよかった。私も練習しようかな(え)

 

右近さんの白ひげも貫禄があってさすが!という印象しかなかったですね。

(歌舞伎の感想なんて書いたことがないから、語彙力が底を尽きた。浅い。)

というか、右近さん60代70代くらいのじいちゃんだと思ったら…なんと!イケオジ☆じゃないか!!

 

 

ラストはアレですね。

なーーーーつごんにゃぁーー!

まばきーちばばぁーーー!!!

…で、いいのかなぁ…(笑)

大事なシーンなのに、笑いが止まらなかったけれどw

 

んで、全編終わったときに思った。

 

すごく楽しかったけれど

しっかり話がわからなかった 

(ワンピースの物語的な意味で)

黒ひげとか誰なんだろうーみたいな。

 

これ初めて歌舞伎を観たときに思った感想とまったく同じ。

しかし、あのときとは違う感情が生まれた。

 

わからないのが悔しい。

 

復習した。

 f:id:mtms1031:20151103002125j:image

5日間で、DVD16本見た。 

そしてリベンジをした。

f:id:mtms1031:20151104212045j:image 

歌舞伎においては、やっぱり語彙力が間に合わないので感想は割愛。

実は初めてオペラグラスを買ったの!今まで1回も使わなかったというか、使いたくない主義だったのですが、表情が見たいーー!!ってことでついに購入。

しかし、巳之助さんの声の出し方とか動きとか見得の切り方とかもうかっこよすぎて。あんなに目をかっ開いたり、白目したり…すごいなぁ…(笑)

やばいっすね!結婚して欲しいくらいですねっ!

でも、梨園の妻なんて到底無理なのでやっぱり撤回しますねっ!

こういう軽率な発言は寒いですねっ!

カーテンコール(っていう表現でいいのかなぁ…)で、巳之助ゾロと隼人サンジがメンチきってて、笑也ロビンがまぁ!まぁ!となだめてて。それやりながら、奈落が下がってバイバイだったのですが、キャーーーー//////////とものすごい萌えまして。

その後興奮しすぎて、買ったばかりのオペラグラスのフタ?って言うの?どっかにスポーーーんと飛んで紛失したw

 

これからは「歌舞伎にハマったキッカケはワンピースです。」っていう非常にベタな回答をしていきたいと思います。

 ミュージカルで例えると

「キッカケはライオンキングです。アラジンです。」みたいな。

本当は

「キッカケはチェスです(ドヤァ)」って言いたいんだけどwwww 

 

そして次は…まずは新春浅草歌舞伎ですかね?あれ?(^ω^)もう大変な沼だねぇ(^ω^) 

猿之助さんの罠にハマってしまったぁ……