わぶろぐ。

ミュージカルとか舞台が好きです。普段はTwitterに生息中。

この私が初めて2.5次元を観に行った話

先日、こんな記事を書きまして。色々なご意見ありがとうございました。

書いたキッカケは、2.5次元に触れる機会があったからなんですよね。
 
というわけで今回は、基本的に劇団4季やとーほー、ホリ等々の舞台を観に行くことが多い私が初めて2.5次元に行った話。
 
2.5ってたぶん知らないところで触れていると思うんですけど(ワンピもそうだし、言っちゃえばディズニーだってそうだよね)ネルケがやってる、2.5次元ミュージカル協会!!!みたいな作品はコレが初めてだと…思う。古いところで、佐藤アツヒロ主演の「犬夜叉」は観たことあるけど、あの頃は2.5という名前もなかったしなぁ。
ちなみに別作品でアイアシアターには行ったことあるよ!!!!!
 
何に行ったかというとコレ。
 f:id:mtms1031:20160429113209j:image
役者さん目当てで。好きな役者さん出てなかったら行ってないけど、もはや何がなんだかわからない…社会勉強の一環として行きました。
 
チケットなんか取れるわけねぇぇぇええよ!!!と血眼になっていたら、劇場で3回と千秋楽はライブビューイングを観ることができました。ありがたいことに、最前列と1階真ん中あたりと2階という席の配置も運が良かったです。
 
チケット戦争をなんとか潜り抜け、次にやることは原作の予習…マンガ読めないマンはアニメを選択。
主役はLK子シンバ時代に見ている方で、リアルタイムで「ハリポタの声優決まったって!すげー!」と喜んだ記憶も有り、しかも身内がファンなのでDVDの収集はあっさり。
さすがに全部見るのはキツかったので、舞台でやるところまでお勉強していざ、サンシャイン劇場―!!!
 
 
普段観ている舞台と違った点
・なが~い物販の列!(しかし私も役者オタ!買うわな!!!!www)
・20代が中心の客層
・2人以上で来ている人がとても多い
・なので、開演前はかなりザワザワ
・エグイほど静か(私が観た回はどれもとんでもなくマナーが良かったです)
・ネタがどっかんどっかんウケる
・幕間になり客電がついたら自然と大きな拍手(≠トイレダッシュ)
・カテコで役者がふざければ「いゃゃゃあああああああああ!!!!!」
まさにライブとミュージカルの間っていう感じ。
(この舞台はnotミュージカルでしたが、限りなくミュージカルに近い演劇でした)
 
 
普段観ているモノはお一人様がすごく多くて、開演直前になると舞台が始まってもいないのに静寂に包まれるときがあります。2人で来ている方もそんな空気感にいたたまれなくなり、段々と小声になるwアレなんて言うんだろう…客側の精神統一の時間ですかね?(笑)嫌いではないですけど。
 
1回目は初めての空気感にしどろもどろしながら、2時間半で3試合もぶち込んでくる…テニミュとかに慣れてる方なら余裕なんでしょうが、私にとっては同じシーン続きでちょっと飽きちゃったかな。しかし、この飽きも回を重ねる度に自然と解消されていくという。慣れってこあいわん。
 
もともと役者さん目当てだったので、「最終的には役者さんが楽しんでいればおk」っていう発想が働いたわけです。千秋楽に差し掛かる頃には「尊い!!!」とか思い始めて…2.5界隈ファンの方と同じような思考になっていったのは間違いないと思う(笑)
 
それと「同世代、しかも男性ばかりの舞台を楽しんでいる役者さん」を観ているのがなんだか嬉しかった。いつもの舞台だと先輩とかの目もあると思うし、やっぱり同じような年齢の人たちとやると良い意味で学校みたいな感じで…ワチャワチャしてたのが可愛かったなあ。
新選組は男子校みたいだった」と言った誰かさんの発言を思い出しました\(^o^)/w
 
他の役者さんも舞台経験者が多かったので、自分の色がちゃんとあって、この人は…汗と思う人もいなかったので、いつも観ている舞台と何ら変わりはなかった。
それと、原作リスペクトの方が多いというのは初心者の私でもよくわかりました。台詞も衣装も原作そのまんまの部分が多かったので、そういった点はファンは嬉しいんだろうなぁと。
たとえば、ワンピース歌舞伎はそれの正反対で、原作をなぞりながらも舞台オリジナルなところもありましたよね。ワンピの場合はそれをやって正解だったと思いますが。
 
 
 
「舞台 黒子のバスケ」という作品としてはすごく楽しかったですが、これからも2.5に行きますか?と言われたら、好きな役者が出る以外はNOです。
なんだろ、ワンピみたいに舞台芸術として興味を持ったならば行きますけど(評判の良い口コミを聞いて行ったのがキッカケです)
やっぱり原作を知らない派からしてみれば「知識がないと観る気になれない」というのが率直な感想です。(テニミュとかペダステとかハイステとか…?)もともとターゲットにしてるのも原作or役者ファンだよね?
 
食わず嫌い…というわけではないです。現に2.5をバカにしようなんて全く思っていないですし、新しい舞台ジャンルとしてとてもやり方は上手いなぁと尊敬さえしています。
ですが、こっちのジャンルを観るのも忙しいので(笑)それを蹴ってまでも観たい!と思わせてくれるキッカケがあればなぁ…。と言っても、私みたいにここまでマンガやアニメに興味のない日本人もなかなかいないと思うけれども…w本当に私見ないんです(^^;;
 
かくいう私も↓の記事でこちら側の沼に…と偉そうなこと書きましたけども

ジャンルを飛び越えて…というのは難しいのかもしれないと自分で痛感しました。
 
しかし、先程も述べましたが、作品としての完成度はすごく高く、役者さんたちの熱量もあって、楽しい時間が過ごせました。やっぱり若い男性の体力はすごいなぁと思いつつwいいお勉強になりました。観に行こう!と思わせてくれたお目当ての役者さんにもとても感謝しています。ありがとうございましたー!
 
絶対行かないと思っていたw J-WORLDにもお邪魔してきました!( ´ ▽ ` )ノ
同行者に漫画の内容を色々教えてもらいながら…(笑)
f:id:mtms1031:20160429180326j:image